質はじめブログ

SHICHI HAJIME BLOG

質屋と買取専門店はどっちがおトク?質屋の買取相場は買取専門店よりも高い

カテゴリ:質屋の豆知識 投稿日:2022.4.7

「質屋と買取専門店ってどっちがおトク?」

「質屋と買取専門店って何が違うの?」

「僕の時計、質屋と買取専門店どっちが高く買ってくれる?」

近年では、ブランド・貴金属の買取専門店が増加しており、不要なブランド品や貴金属を売るなら買取専門店と思っている方も多いでしょう。

質屋は品物を預けてお金を借りるお店、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は質屋の買取相場は買取専門店よりも高くなることがあります。

お金を借りたい時だけではなく、不要な品物を売りたい時にも、質屋は便利に使うことができますよ!

この記事では、質屋と買取専門店の違いから、質屋の買取金額が高くなる理由まで解説します。

質屋とは?質屋でお金を借りる仕組み

質屋の最も大きな特徴が、物品を担保として預け入れることでお金を借りられる点です。

持ち込みをした品物の融資査定の枠内でお金を借りられますので、本人の信用情報などの審査はなく、最短5分でスピーディにお金を借りることが可能です。

こうした質屋の特徴から、「質屋はお金を借りるお店」というイメージの方が多いと思いますが、質屋では持ち込んだ品物を買い取りしてもらうこともできます。

ですので、質屋では次の2つの方法でお金を得ることができます。

  • 質預かり
  • 買い取り

買取専門店では、品物の買い取りしかできませんが、質屋では希望に合わせて2つの方法を選択することが可能です。

 →質屋の仕組みについて詳しくはこちら

質屋と買取専門店の違い

質屋と買取専門店を混同してしまっている方も少なくないと思いますが、質屋と買取専門店には様々な点で違いがあります。

ここでは、質屋と買取専門店の大きな違いを3点解説します。

返済すれば品物が戻ってくる

質屋の「質預かり」を利用すれば、品物を失うことなくお金を借りられる点が、買取専門店の買い取りとの大きな違いです。

品物を買い取ってもらう場合、受け取ったお金を返却しても品物が戻ってくることはありません。

買い取りをした品物を店頭で販売している店舗なら、買い戻す形で品物を取り戻すことができる場合もありますが、買取価格よりも上乗せされた販売価格で買い戻しをする必要があります。

手放したくない品物なら、質屋の質預かりを利用すれば、借り入れした元金+質料(利息)を返済すれば品物がそのまま戻ってきます。

品物を手放したくないけどお金が必要という時に、質屋の質預かりは便利に利用できますね!

利息の有無

質屋の質預かりと買取専門店では、利息が発生するかどうかにも違いがあります。

買取専門店では品物が返却されないので、返済の必要はなく、利息は発生しません。

対して、質屋で質預かりを利用する場合、品物を返却する際には元金+質料(利息)を返済する必要があります。

質はじめの質料は、借り入れをした融資額によって決定されます。

融資額 質料利率
1,000円〜50,000円 8%
51,000円〜100,000円 7%
101,000円〜500,000円 6%
501,000円〜999,000円 5%
1,000,000円以上 4%

質料は月利ですので、30,000円を借り入れして1か月後に返済する場合、8%の質料と合わせて32,400円を返済する形になります。

ただし、質屋でも買い取りを利用した場合、返済・利息は必要ありません。

また、質はじめでは、初回1ヶ月分質料0円キャンペーンを行っておりますので、初めてご利用のお客様は利息0円でお金を借りられますよ!

 →初回1ヵ月分質料0円キャンペーンはこちら

営業許可の違い

質屋と買取専門店では、営業許可にも違いがあります。

  • 質屋:質屋営業許可
  • 買取専門店:古物営業許可

古物営業許可は、個人でも持っている方の多い、比較的取得しやすい営業許可です。

反面、質屋営業許可を取るためには、厳しい基準をクリアした質蔵や店舗が必要となり、開業までのハードルが高くなっています。

質はじめでは、質屋営業許可と古物商許可の両方を取得していますので、質預かりにも買い取りにも対応することが可能です。

質屋の買い取りは超おトク!意外な盲点

品物を買い取りしてもらうなら、買取専門店の方が高く売れるのでは?と思っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、意外な盲点となっているのが、質屋での買取査定は、買取専門店の買取相場よりも高くなるケースが多いという点です。

質屋でも買い取りが可能ですが、あくまでも質屋の業務の柱は質預かりですので、買い取りで多くの利益を取る必要がありません。

反面、買取専門店では、買取のみで店舗の運営費や広告費・人件費をまかなう必要があるため、利益を考慮した買取査定金額になります。

ですので、品物や店舗にもよりますが、買い取りだけで利益を取る必要のない質屋の方が、買取査定金額が高くなるのは自然ですね!

 →質屋が買取専門店よりもおトクになる理由はこちら

質屋がおすすめの人

質屋をおすすめできるのは、次のようなタイプの方です。

  • 少しでも高く買い取りをして欲しい
  • 品物は手放したくけどお金が必要
  • 質と買い取りで金額を比較したい

ここでは、買取専門店よりも質屋を使うべき理由について解説します。

少しでも高く品物を売却したい方

少しでも高く品物を売りたい方には、買い取りだけで利益を追求する必要のない質屋がおすすめです。

買取専門店では、買い取りの利益だけで店舗を運営していく必要がありますが、質屋の本業は質預かりですので、買い取りで利益を出す必要がありません。

また、買取専門店では、膨大な広告費を使って折り込み広告を配布して集客を行っておりますが、質屋の集客は口コミやリピーターがメインです。

高額で買い取りをすることで、良い口コミを拡げ、質預かりのお客さんを集客するという手法を取っている質屋も多く、買取専門店よりも高額になる可能性が高くなっています。

品物を手放さずにお金を手に入れたい方

品物は手放したくはないけど、すぐにお金が必要と言う方は、質預かりを利用できる質屋がおすすめです。

質預かりでは、品物の融資査定の幅までの金額を借りることが可能となっており、返済をすれば品物はそのまま返ってきます。

品物の査定のみで、申込者本人に対する審査などはありませんので、品物を持ち込みして最短5分で手軽にお金を借りることが可能です。

また、万が一、返済ができなかった場合も品物を失ってしまうだけで、その後の返済の必要は無くなりますので、カードローン等を利用するよりも安心です。

質と買い取りを一か所で比較したい方

質預かりと買い取りのどちらにも対応した質屋では、質預かりでの融資可能金額と、買い取りでの査定金額を一か所で比較することができます。

質預かりと買い取りでは値段が違い、質預かりの場合は預かり期間中の相場変動を考慮して、買取査定よりも10%~20%低い金額になることが多くなっています。

一か所で両方の金額を比較できますので、質預かりにするか買い取りにするかを手間なく比べられるのは便利ですね。

買取専門店がおすすめの人

買取専門店をおすすめできるのは、次のような方です。

  • 値段はともかく不要品を処分したい方
  • 質預かりではなく売却を決めている方

ここでは、買取専門店がおすすめできる方のタイプを解説します。

とにかく不要品を処分したい方

自宅から出た不要品を、値段はともかく処分したい方は、買取専門店を使うのがおすすめです。

一般的には、質屋よりも買取専門店の方が取扱品目の幅が広く、雑貨品なども買い取ってもらえる可能性があります。

ただし、質屋でも買取専門店でも、店舗によって取扱品目は異なります。

質はじめは、地域最大級の取扱品目ですので、ブランド品や貴金属類はもちろん、値段が付くかどうかわからない雑貨品もお気軽にお問い合わせください。

品物を売却することを決めている方

品物を手放すことを最初から決めている方は、質預かりを比較する必要がありませんので、買取専門店を利用しても良いでしょう。

一般的には、開業のハードルが高い質屋よりも買取専門店の方が店舗数は多く、自宅や職場の近くに店舗を探すことができます。

ただし、売却前提の品物の場合でも、質屋の買い取りを利用した方が買取価格が高くなる可能性がありますので、1店舗の買取専門店で決めずに比較することが重要です。

質屋の買い取りは買取専門店より高くなる可能性が高い!

質屋と買取専門店の最も大きな違いが、質屋では質預かりと買い取りの2つの方法を選択できる点です。

質屋では、買い取りだけで利益を出す必要がありませんので、買取専門店よりも高額な買取査定になる可能性が高くなっています。

昔からの質屋のイメージのある方は、質屋は個人商店のようで入りにくい、という印象をお持ちかも知れません。

質はじめでは、綺麗で明るい店内で、女性や高齢の方おひとりでも入りやすいお店づくりを心がけています。

買い取りも質預かりも、是非、質はじめにお任せください!

LINE査定